冷えがもたらす不調や病気

栄養剤

改善可能な症状

身体に現れる様々な不調や病気のサイン、そして万病の元とも言われているのが「冷え症」です。下半身・手・足・腰と言った、特定の部位にのみ冷たさを覚えると言う特徴があります。夏場の暑い時期であっても足が冷える・お風呂上りに直ぐ手足が冷える・就寝時に手足が冷えて寝付けないなどの症状が、代表的な冷え症の自覚症状として挙げられます。元々の体質が大きく関係していると考えられていることから、治らないと思われがちな症状ではありますが、冷え症に起因している原因を改めることで冷え症体質の改善を図ることが可能です。冷え症体質になる主な原因としては、日々の食生活や生活習慣が挙げられており、それらを見直して対策を講じることによって少しずつ症状や体質が改善されていくと言われています。

冷えない工夫とメリット

冷え症である場合、冷えない工夫をすることによって、身体に現れる不調や病気の予防へ繋がると言うメリットが得られます。冷えない工夫には様々な方法がありますが、特に身体を温めて冷やさないことが重要です。適度な運動で体中を温める、足湯・湯たんぽ・入浴剤などのグッズを利用する、身体を温める作用を持つ食品を摂取する方法などがよく知られています。冷えを解消する成分としては、ローヤルゼリーや生姜、オメガ3脂肪酸などが挙げられます。体を温める効果のある成分を、食事やサプリメントで積極的に摂取しましょう。また、最近話題となっている温活(身体を温めて冷えを取る活動)も、冷え症の改善には効果があります。その他、ストレスには血管を縮めて冷え症の悪化を招く可能性があると言われていることから、適度に発散させることも重要視されています。更に、嬉しい、楽しい、それから感動と言ったドキドキやワクワク感を覚えることも大切であり、それらの感情によって内側から身体が温まると考えられているのです。

Copyright© 2017 グルコサミンは心強い味方【フコイダンは身体を守るガードマン】 All Rights Reserved.