安定させる

栄養補助食品

測定意義

ヘモグロビンa1cとは1、2か月前の血糖の様子を示す値であり、空腹時血糖と違い食事による影響はほとんどありません。1、2か月前のことなので急には改善せず、健康診断で少しでもいい結果に使用とすると少なくとも年明けくらいから健康管理する必要があります。ヘモグロビンa1cの測定理由は糖尿病の検査が目的ですが、健康状態を知る目安にもなります。ヘモグロビンa1cは疲労や不規則な生活でインスリンの分泌が長期間不足する、あるいはインスリンの効きが悪くなることでも上昇します。ヘモグロビンa1cは5%ほどを目標に健康管理する必要があり、重度の糖尿病患者では15%を超える場合もあります。最近の薬により糖尿病患者でも8%ほどを維持できるようになってきました。

健康のために

ヘモグロビンa1cを下げるためには健康的な生活を続けることです。一度糖尿病になると自然回復はほとんどないため発症予防が大切です。一生薬を飲み続け、市販薬にも気を付けなければならない糖尿病は運動と食事、ストレスが主な原因だといわれています。運動も毎日ジョギングする必要はなく、1日1万歩を目標に歩くだけでも効果があります。10分で1000歩ほどなので100分歩く必要があります。デスクワーク中心の方でも気分転換がてら社内を散歩するや近場であれば歩いて行くなどで簡単に8000歩くらいは行きます。残りは家事や洗濯、軽い運動で代用することができ、習慣づくと比較的簡単です。拭き掃除のようなこまめに全身で動くことも効果的です。

Copyright© 2017 グルコサミンは心強い味方【フコイダンは身体を守るガードマン】 All Rights Reserved.